酵素と酵母の違いとは?じつは決定的な違いがあるんです!

酵素(こうそ)と酵母(こうぼ)。

似ているようで違う酵素と酵母の違いをまとめました。

+酵母菌の入っている酵素ドリンクの疑問についてもまとめてみました。

酵素と酵母の違いとは?

酵素と酵母には決定的な違いがあります!

簡単に言うと酵素とはタンパク質のこと・酵母とは微生物のことです。

酵素は生き物ではなく物質で、酵母は菌であり生き物です。

酵素(こうそ)

しばしば酵素が生きているとか死んでいるとかと表現されることがありますが酵素は生き物ではなく、体内で生命活動をするための触媒として働くタンパク質を主成分とする物質です。

酵素は熱や酸で変性してしまうため、変性前を生きる・変性後を死ぬで表現されていることがあります。

実際、酵素は生き物ではないので活きる・失活するという表現をします。

酵素には、食べた物を消化する消化酵素・細胞を入れ替えるなどの代謝をする代謝酵素・食べ物に含まれている食物酵素があります。

これらは私たちが生きる上で重要な働きを担っています。

酵素がなければ、食べ物を消化することも、細胞を入れ替えることも、心臓を動かすことも、歩くことも、考えることも・・・何にもできないのです。

酵母(こうぼ)

対して、酵母は菌で生き物です。

酵母菌の種類は多数ありますが、ここでは飲食物にまつわる酵母菌について記載します。

酵母菌は、人間と同じように体内で酵素を生成することができるので、字のごとく酵素の母と書いて「酵母」と呼ばれています。

酵母菌に含まれる栄養素は、酵素・ビタミンB群・ビタミンD・ミネラル・アミノ酸・βグルカンなどで、酵母菌は豊富な栄養素を含む微生物であることがわかります。

あまり聞きなれないかもしれませんが酵母菌の細胞壁を構成しているβグルカン(食物繊維の一種)は、腸管においてリンパ球を活性化させる働きがあります。

リンパ球は免疫細胞です。

リンパ球が活性化することで免疫向上効果が期待できます。

さらに、酵母は体内酵素の原料になる栄養を豊富に含むので、酵母入りの酵素ドリンクがとっても注目されているんですね。

酵母菌の呼吸と発酵とは?

酵母菌は、酸素のある状態(好気状態)では、酸素を取り入れて糖を分解し二酸化炭素・水を排出します。

これを呼吸(好気呼吸)といいます。

一方、酸素のない状態(嫌気状態)においては、糖を分解してエタノール・二酸化炭素を排出します。

これを発酵(アルコール発酵・嫌気呼吸)といいます。

酵母菌はお酒を製造する上で欠かせない菌ですが、無酸素状態の時にエタノール(アルコール)を排出するということです。

酵母菌は常温環境を好み、糖質(ブドウ糖)・酸素・水がある状態で芽(芽胞)を出して増殖します。

芽(娘細胞)が細胞(母細胞)と同等の大きさまで成長すると、細胞分離が起きます。

酵母菌は酵素ドリンクをお酒に変える???

現在、酵母菌が入っている酵素ドリンクが売り上げをかなり伸ばしていますが、酵母菌が酵素ドリンク中で発酵してしまうと、お酒になってしまうのでは?という疑問が生まれるかもしれません。

それはまずいですよね。

ということで、調査することにしました。

生きた酵母菌入りの酵素ドリンクをお酒にしないための工夫

まず、酵母菌はブトウ糖というエサがあり酸素がある常温状態で増殖するので、酵母菌を培養したい場合はブトウ糖と酸素が大切になってきますね。

一方、お酒を作るときは、無酸素状態にして酵母菌にブドウ糖を与えることでアルコールを発生させます。

ということは、酵母菌が入っている酵素ドリンクは、発酵してお酒になるんじゃないの?となるわけです。

結論から言うと、ならないと言えます。

酵母菌の入っている酵素ドリンクを購入したことがある方は知っていると思いますが、実は、生きた酵母菌入りの酵素ドリンクは、酵母菌が呼吸できるように完全密封されていないんですよ。

酵母菌は、酸素があれば呼吸をして二酸化炭素と水を排出し、アルコールを排出しません。

開封後には付属のキャップを取りつけるんですが、キャップにも小さな穴が開けてあり、酸素が供給されるようになっているんです。

こうすることで無酸素状態になるのを防ぐとともに、ビンの中で栄養豊富な酵母菌を増やしているんですね。

ただ、ビンを動かさずにしばらく放置すれば一時的に発酵することは考えられます。

しかし、アルコールは水より軽く揮発性が高いので、密封されていなければ酵素ドリンクがお酒になることは考えにくいという結論に達しました!

ちなみに、じゃあ密封してお酒にしたい!と思う方がいるかもしれませんね。

それはやめておいた方がいいと思います。

ビンを密封すると炭酸ガス(二酸化炭素)が発生して破裂するかもしれないので、まったくもっておすすめはできません。

また、原料にブドウや米、麦などが入っている場合は、酒税法という法律にひっかかってしまう場合があるので注意が必要です。

大まかに言うと、1%以上のアルコールを含む飲料は酒類に分類され、もし個人でお酒を作ったのが見つかると罰金をとられるか逮捕されてしまいます。

実は、お酒は簡単に作れてしまうんですが、酒税法により禁止されているので1%以上のアルコールを含む飲料は作ってはいけないのです。

逆にいうと、1%未満ならお酒に分類されないので作っていいというわけですが。(度数を測れる器具が販売されています)

ちなみに、梅酒などの果実酒を自家製で作る方もいると思いますが、アルコール度数20度以上のお酒で浸けるなら作ってもいいということになっています。

ただし、個人で楽しむならOKで販売NGです。

その他に、様々なことが法律で決められていますが、酒税法を知らない方はけっこう多いのではないでしょうか。

酵素・酵母まとめ

酵素はタンパク質を主成分とする物質です。

酵素の働きを自転車で例えるなら、錆びた自転車のチェーンに差す潤滑油のような役目をしてくれるのが酵素、と言うとわかりやすいでしょうか。

酵素が体で十分に合成されていれば、体がスムーズに動かせたり新陳代謝もスムーズに行われることでしょう。

そして、酵母は酵素を作り出すことができる菌です。

豊富な栄養を兼ね備えていて、腸内環境を整える働きがあります。

最後に、手軽に栄養補給できる酵母入りのおすすめの酵素ドリンクがあるので紹介しますね。

詳細は下の画像をクリックして確認できます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ