代謝酵素・代謝・酵素けっきょくどういうこと???

代謝酵素が私たちの体内で重要な働きをすることは何となく理解できますが、けっきょくどんな働きをするのでしょうか。

代謝とは?

まず、代謝という言葉に注目してみます。

辞書を調べてみると、代謝の「謝」は「去る」という意味で、代謝とは「新しいものが来て古いものとつぎつぎと入れかわること」とあります。

文字から察すると、代わりに謝るという意味だと勘違いしそうですが「新しいものと古いものが入れかわる」という意味なんですね。

新陳代謝とは?

次に、同じ意味でよく使われる新陳代謝についてみてみましょう。

辞書によると、新陳代謝の「陳」は「古いもの」という意味で、新陳代謝とは「生物が外部から養分をとり入れて体内の老廃物を出すこと」とあります。

代謝と同じ文面も記されていました。

酵素とは?

続きまして、酵素とは「主としてたんぱく質から成る有機化合物。消化・呼吸・発酵・腐敗など生物体内のほぼすべての化学反応の触媒となる高分子化合物の総称」とあります。

  • 有機化合物・・・炭素を含んだ化合物の総称。
  • 化合物・・・二種以上の物質が結合して、まったく別の一物質をつくる化学変化を化合といい、その時できた新しい物質
  • 化学反応・・・ある物質がほかの物質に変化していく(化学変化)過程。
  • 触媒(しょくばい)・・・それ自身は少しも変化を受けず、他のものの化学変化の速度を早めたりおくらせたりする物質。

代謝酵素とは?

これを踏まえて、代謝酵素とは新しいものが来て古いものとつぎつぎと入れかわる時に、触媒として働くタンパク質を主成分とした高分子の有機化合物ということになります。

辞書で「代謝酵素」を調べても載ってないんですね・・・。

簡単に言えば、食事を食べて栄養を吸収できるかたちまで分解する働きをするのが消化酵素で、分解された栄養などを様々な場所で使うための橋渡しをするのが代謝酵素ということです。

少し難しいですが、この代謝酵素の働きは、家を建てるときの大工さんに例えられます。

家を建てるときには材料になる木材があり、大工さんの手によって組み立てられて家が完成します。

材料がそろっていたところで、組み立てる人がいなければ家は建ちません。

それと同じで、酵素がなければ栄養をエネルギーに変えることもできないし、手足を動かすこともできない、心臓を動かすこともできない、呼吸をすることもできない、老廃物を排出することもできない・・・というわけです。

人間が生きていくためには、酵素の働きはとっても重要なんですね。

食べ過ぎには気をつけましょう

酵素は、私たちの体内で知らず知らずのうちに大活躍しています。

寝ている間に体内の酵素の素がたくさん作られて、作られたものが消化酵素と代謝酵素に分配されます。

酵素は無限に作られるわけではないので、代謝酵素がちゃんと活躍するためには、消化酵素の節約がポイントになります。

ですから、食べ過ぎがいかに健康に悪いか、いろんな意味で無駄になっているかを理解することが大切だと思います。

最後に、消化酵素が節約できる置き換えダイエットやファスティングに使用できて、体内の消化酵素・代謝酵素の原料になる成分がたっぷり入っているおすすめの酵素ドリンクを紹介しますね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ